JDRI 技術レポート「2.4GHz帯ドローン無線運用の落とし穴」

2.4GHz帯ドローン無線運用の落とし穴

急速に発展し続けているドローンの利活用は社会に不可欠な存在にもなろうとしてる。ドローンは空中移動体であり、その制御やテレメトリングは無線通信が使用されているが三次元空間を移動するドローンに搭載される無線機器は移動体通信機器の中でも難易度が高い。現在大半のドローンの無線による操縦制御、データテレメータ、ドローンからの映像ダウンリンクは小電力データ通信システムの枠組みの中で無資格無申請で運用できる2.4GHz帯が使われている。これらの無線機器は周波数拡散技術やOFDM, MIMOといった最新の技術がどんどん使われてはいるが、「電波のごみ箱」となってしまっている2.4GHz帯というバンドを使用しているが故の大きな落とし穴を認識する必要がある。

本レポートではドローン運用における2.4GHz帯運用についての問題点、運用での留意点について報告する

レポートはこちら
2.4GHz帯ドローン無線運用の落とし穴(PDF)

Follow me!

JDRI 技術レポート「2.4GHz帯ドローン無線運用の落とし穴」” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。