電波環境調査/検証を行います

技術レポート「2.4GHz帯ドローン無線運用の落とし穴 」で紹介しましたように、市街地やイベント会場で空撮等の業務を行う場合には、2.4GHz帯内の混信のみならず、空撮地近隣に設置されている2.4GHzの上下バンド(2.1GHz-2.7GHz)の大出力商用無線局からの電力干渉による操縦用無線機の電波途絶は起こり得る現象です。
操縦用の電波途絶が発生した場合には、手動による操縦が不能に陥りますからリスクは甚大です。

http://jdri.or.jp/tech-report/2-4ghzreport/

こういった場所でドローン運用を実施する際には事前に電波環境の調査をしておくことは重要です。
JDRIでは電波のプロがプロ用の測定システムを使って電波環境を調査し、電波干渉をによる危険度を検証し、報告書を作成しますますので、「お問い合わせ」からお尋ねください。
http://jdri.or.jp/contact/

Follow me!