技術セミナー「ドローンの電波セミナー in 京都」【4月14日開催】

大好評のJDRI主催技術セミナー「ドローンの無線システム(東京会場)」に引き続き、SkyLink Japanの協賛により、京都において「ドローンの電波セミナー in 京都」を開催します。

 4月14日(金)開催です。

お申込みの締切は4月12日(水)18時となります。

お申込み締め切りました。

一日(6時間 昼食付き)の講習によりドローンの無線と電波について疑問だったことにお答えします。一般的な無線工学セミナーと違って、ドローンを知り尽くしたドローン屋によるドローン屋のためのセミナーです。 ドローン事業に携わる方、ホビーのドロニストの皆様に取っては「見えない電波の話」が聞ける貴重なセミナーですので、ぜひご参加ください。

(なお、同様の一日セミナーの東京開催も計画しております。東京会場希望の方は今しばらくお待ち下さい)


開催日時:2017年4月14日(金) 10:00~17:00 (昼食付)

会場:KRP(Kyoto Research Park)京都リサーチパーク
西地区4号館 ルーム2

〒600-8815 京都市下京区中堂寺粟田町90~94

アクセス:http://www.krp.co.jp/access/

会場内マップ:http://www.krp.co.jp/access/room.html


当日スケジュール

09:30~10:00 受付
10:00~10:50 電波伝搬の基礎
・電波の特性、構造、干渉、屈折
・周波数による伝搬の違い、偏波の違い
・空間ダイバーシテイ
・波長と周波数の関係
・ラジオダクト、マルチパス、電離層伝搬、山岳伝搬
・見通し距離と等価地球半径
・フレネルゾーンとクリアランス
・伝送路ロス、減衰
・自由空間基本伝搬損失計算

11:00~12:00 アンテナ概論
・アンテナの基礎
・デシベル(dB)を理解しよう
・等方性アンテナと基準アンテナ
・アンテナ利得
・ドローンに使われる各種アンテナ
・無指向性アンテナと指向性アンテナ
・ビームと偏波
・スペースダイバーシテイ
・等価等方輻射電力(EIRP)とは
・SWRとリターンロス

12:00~13:00 昼食(お弁当を用意します)

13:00~14:50 通信方式と変調方式
・アナログ方式とデジタル方式の違い
・ドローン移動体通信の技術課題
・マルチアクセス方式・・・FDMA/CDMA/TDMA/TDD 他
・雑音対策、混信させない技術
・OFDMとMIMO の威力
・デジタル無線機のトレンド
・FH(Frequency Hopping)の2.4GHzプロポからはどんな電波が出ている
・Wi-Fiの仕組み
・電波のごみ箱の2.4GHzはどうなっている
・DJIのLight Bridgeのスペクトラムを見てみよう
・DJI LB およびAMIMONのCONNEX/ProSightの画像処理の違いと実力
・ドローン無線システムの今後の動向
15:00~16:20 ドローンの無線機器
・ドローンに使われる各種無線機器と無線システム
・送信機の電波の質とは・・高次スプリアス、占有周波数帯域、出力電力、周波数確度と安定度
・新スプリアス規格
・ラジコンの無線機PPM/PWM/S-BUS
・アナログFM ビデオTXの構成
・デジタルビデオTXの構成
・VTX 使用の留意点・・・放熱、アンテナ
・受信機の特性要件・・・感度、選択度、混変調、イメージ
・感度抑圧に注意する
・GPSとGNSS 概論
・衛星通信システム
・ドローンのノイズ対策
16:30~17:00 知っておきたい電波法、改正電波法対応のFPV無線機
・改正電波法準拠の5.7GHz業務用無線機
・1Wシステムの紹介
・使用可能なアンテナシステム
・携帯局の無線局申請手順と発生費用

 


参加費(税込・昼食付)

一般:21,600円  JDRI会員:18,360円  SkyLink Japan会員※:18,360円
※SkyLink Japanの会員であり、機体を購入された方(要注文番号)


定員:60名


主催:JDRI 一般社団法人日本ドローン無線協会 http://jdri.or.jp/
協賛:Skylink Japan http://www.skylinkjapan.com/


講師紹介

 戸澤洋二

技術士(電気電子) 情報通信専門
戸澤洋二技術士事務所代表
(一社)日本ドローン無線協会会長
(一社)ミニサーベイヤーコンソーシアム講師/技能検定員
(一社)日本UAS産業振興協議会 JUIDA 講師
(一社)無人航空機災害時支援協力事業体理事
(株)自律制御システム研究所 技術顧問
Amimon Japan KK テクニカルアドバイザー
日本無線(株)社友
多摩電動飛行機研究会会長
第一級陸上特殊無線技士
第一級アマチュア無線技士

長きに渡り我が国の無線機開発に従事。大手無線機メーカー理事としてARIB(電波産業会)にてロボット及び無人機の無線規格制定に関与。近年は大学の無人機(ドローン)開発の技術顧問として、ロボット及び無人機の無線技術業務を務めた。5.6GHz帯FPVの国内利用を可能にするなど、無人機(ドローン)無線技術のパイオニア。

 酒井淳一郎

(一社)日本ドローン無線協会代表理事
(一社)無人航空機災害時支援協力事業体理事
(一社)ジャパンドローンリーグ共同代表
FPVアマチュア無線クラブ代表
第二級陸上無線技術士
第一級陸上特殊無線技士
第二級アマチュア無線技士

無人機(ドローン)黎明期より無線技術・運用業務に従事。アンテナ・電波伝搬専門。警視庁、東京消防庁等の官公庁への無人機技術助言をはじめ、国内初のFPVドローンレース(DIC主催)、ドローンレース国際大会(日本ドローンレース協会主催)等において、無線技術顧問として関与。ホビー向けではFPVアマチュア無線クラブ(ドローン目視外FPV国内最大団体)の代表を務める。また公認会計士事務所において各種税務監査業務、損害保険鑑定業務に従事。

お申込みはこちら

お申込み締め切りました。ありがとうございました。

 


 

Follow me!